Impressions by KEN


カメラマン・KENのサイトへようこそ。広島県とその周辺で撮影した風景写真、星景写真、マクロ写真等を展示して行きます。時々機材のレポートをするかも知れません。ブログのように見えますが、タグを手打ちで作ったサイトなので、コメントなどは掲示板かFacebookにお願いします。
全記事一覧

カテゴリー


紅葉・新緑
星景
日の出、日没
夜景
昆虫・動物
鉄道
その他風景
機材製作、テスト
つぶやき
撮影機材

過去記事 281-300
過去記事 261-280
過去記事 241-260
過去記事 221-240
過去記事 201-220
過去記事 181-200
過去記事 161-180
過去記事 141-160
過去記事 121-140
過去記事 101-120
過去記事 081-100
過去記事 061-080
過去記事 041-060
過去記事 021-040
過去記事 001-020

掲示板

リンク

Facebook
Instagram

旧サイト
Impressions by KEN
KENのつぶやき

別サイト
A Plaza of Clara Schumann



下段は旧サイトからの通算
神宮寺跡のエドヒガン 2024 ライトアップ編

2024年桜のギャラリー第11弾は、広島県神石郡神石高原町にある神宮寺跡のエドヒガンのライトアップ編です。この日は晴れ間を待って夕方から撮影を開始し、そのままライトアップされる時間帯まで撮影を楽しみました。撮影日は2024年4月9日です。

この記事にジャンプ
No.309 / 2024年5月20日

神宮寺跡のエドヒガン 2024 青空編

2024年桜のギャラリー第10弾は、広島県神石郡神石高原町にある神宮寺跡のエドヒガンの日中の写真です。丘の頂上に咲くエドヒガンは空をバックにそびえ立っているので、曇り空だと白い花と同化して絵になりません。しかし最初に訪問した時は曇り空。2回目に訪問した時は雨のち曇りのち晴れで、日没間際にやっと撮影出来ただけでした。3回目に訪問した時は快晴で、念願の青空とエドヒガンの写真を撮る事が出来ました。撮影日は2024年4月6日、9日、10日の三日間です。

この記事にジャンプ
No.308 / 2024年5月18日

津山城の桜 2024 ライトアップ編

2024年桜のギャラリー第9弾は、津山城の桜の最終パート「ライトアップ編」です。太陽が沈み辺りが暗くなると、ライトが点いて備中櫓が夜空に鮮やかに照らし出されました。それと共に人出もどんどん増えて、竹下通り並の混雑になり、津山さくら祭りもピークを迎えました。撮影日は2024年4月5日です。

この記事にジャンプ
No.307 / 2024年5月16日

津山城の桜 2024 日没編

2024年桜のギャラリー第8弾は、前回ギャラリーに引き続き津山城の桜の、パート2「日没編」です。日没を迎えた津山城趾はオレンジ色に染まり、魅力的な情景を恵んでくれました。撮影日は2024年4月5日です。

この記事にジャンプ
No.306 / 2024年5月14日

津山城の桜 2024 青空編

2024年桜のギャラリー第7弾は、岡山県津山市にある津山城の桜です。岡山県のほぼ中央に位置し、広島から片道220kmの津山は私にとって「遠い場所」ですが、日本のさくら名所100選にも選ばれている屈指の名所という事で、初めて訪問してみました。撮影日は2024年4月5日ですが、この日の津山は朝から曇り空で、晴れるのは16時以降とあったので、青空やライトアップの写真を撮りたくて、17時頃から20時頃まで滞在しました。今回はそのパート1の「青空編」です。

この記事にジャンプ
No.305 / 2024年5月12日

真庭市・深山桜 2024

2024年桜のギャラリー第6弾は、岡山県真庭市神代にある深山桜です。真庭市のサイトで満開の情報を得て、初めて訪問。その名の通りに深い山に囲まれた深淵な場所で壮麗に佇んでいました。撮影日は2024年4月5日です。

この記事にジャンプ
No.304 / 2024年5月10日

倉吉・極楽寺の枝垂れ桜 2024

2024年桜のギャラリー第5弾は、鳥取県倉吉市八屋にある極楽寺の枝垂れ桜です。友人の薦めで初めて訪問。余り広くない境内に所狭しと咲く、樹齢140年の鳥取県最大の枝垂れ桜は、薄紅色の存在感ある花びらと併せて見応えありました。撮影日は2024年4月5日です。

この記事にジャンプ
No.303 / 2024年5月8日

斐伊川堤防と五右衛門川の桜並木 2024

2024年桜のギャラリー第4弾は、島根県雲南市木次町にある斐伊川堤防の桜並木と、島根県出雲市斐川町にある五右衛門川の桜並木です。この日は島根県、鳥取県、岡山県方面の桜撮影の為に、20時頃に広島の自宅を出発。途中、休憩を兼ねて木次駅に行くと、斐伊川堤防の桜並木がライトアップされていたので早速撮影。但し23時で消灯となるので、撮影出来たのは30分程でした。 その次に向かったのは五右衛門川。斐川平野の中央部を流れる川ですが、斐川西中学校付近の河原は綺麗に整備されて、川面ギリギリまで草が茂り、無粋な柵などの無い絵本に出てくるような場所です。撮影日は2024年4月4-5日です。

この記事にジャンプ
No.302 / 2024年5月6日

本紹寺の枝垂れ桜 2024

2024年桜のギャラリー第3弾は、鳥取県西伯郡南部町法勝寺にある本紹寺の枝垂れ桜です。訪問した日は朝から青空の下で美郷町・浄土寺と段部の枝垂れ桜を撮影しましたが、本紹寺を訪れた午後には天候が悪化し、時折雨が降る始末。青空バックの爽やかな写真を撮る事が出来なかったので、ライトアップされる夜桜を主体に撮影を楽しみました。撮影日は2024年3月30日です。

この記事にジャンプ
No.301 / 2024年5月2日

段部の枝垂れ桜 2024

島根県雲南市加茂町にある段部の枝垂れ桜を、2022年以来2年ぶりに訪問しました。著名な桜の中では、3月上旬に咲く南明寺の糸桜(萩市)を別格として、段部は最も早く咲く枝垂れ桜のひとつですが、今年は3月19日の開花から満開までに時間が掛かり、タイミングを計って訪問したつもりの3月26日はまだ二分咲きで撮影出来ませんでした。本来は他の桜を撮る予定だった日のスケジュールを調整して、3月30日に再訪。無事に満開の姿に逢う事が出来ました。

この記事にジャンプ
No.300 / 2024年4月30日

美郷町・浄土寺の桜 2024

桜の季節が終わって、既につつじや藤が咲いていますが、遅ればせながら2024年の桜のギャラリー第一弾です。今年の桜撮影は、島根県邑智郡美郷町粕淵にある浄土真宗のお寺「浄土寺」からスタートしました。大きなエドヒガン、老木の枝垂れ桜などが満開の時に訪問出来て撮影を堪能しました。撮影日は2024年3月30日です。

この記事にジャンプ
No.299 / 2024年4月26日

カタクリ 2024

久しぶりの更新となりましたが、3月下旬から4月中旬は仕事の合間を縫って桜を精力的に撮影していました。その写真整理がまだ終わっていなくて、更新まで辿り着けていません。近日中に怒濤の桜更新が始まると思いますが、その前にカタクリの写真でお楽しみ下さい。

今年も撮影地は広島県庄原市総領町亀谷で、草木、落ち葉、枯れ枝が散乱する雑然とした場所に咲いているので、シンプルな絵にする事に腐心しました。今年は花密度が低かったので、全て一輪ポートレートになっています。撮影日は2024年4月6日です。

この記事にジャンプ
No.298 / 2024年4月20日

七塚原で天の川 2024

3月末から4月前半は桜などの春の花を精力的に撮影していまして、その更新までは当面手が回らないので、少し前の写真で時間稼ぎ(笑)。

頻繁に通っている七塚原で春の天の川を撮影しました。撮影日は2024年3月15日です。

この記事にジャンプ
No.297 / 2024年4月2日

福寿草 2024

広島県庄原市東城町にある「ためしげ福寿草自生地」に今年も行ってきました。今回は通常のマクロレンズ「マクロアポランター125mm F2.5SL」に加えて、節分草撮影で好印象を持った「カールツァイス・プラナー85mm F1.4 MMJ + ケンコーACクローズアップレンズNo.3」でも撮影しました。訪問時には生憎花がまだ余り咲いていなくて、構図作り、画面整理にとても苦労しましたので、写真の出来もイマイチ。機会を見つけて満開時に再挑戦してみたいです。撮影日は2024年3月14日です。

この記事にジャンプ
No.296 / 2024年3月21日

御手洗の町並み散策 2024

広島県呉市豊町御手洗にある、国指定・重要伝統的建造物群保存地区を散策した時の写真です。御手洗は江戸時代に北前船の寄港地として発展した町で、江戸から明治に掛けての古い建物が沢山残っています。以前、柳井の白壁の町並みを撮影した時には個性派レンズで楽しみましたが、今回は1965年発売の銘玉、Nikkor-S Auto 55mm F/1.2を知人から借りて撮影を楽しみました。ニッコールの写真は後半に掲載しています。撮影日は2024年2月13日です。

この記事にジャンプ
No.295 / 2024年3月17日

節分草 2024

節分草に今年も逢ってきました。節分草自生地のある広島県庄原市総領町には、2002年に初訪問して以来20年以上ほぼ欠かさずに通っています。毎年のように同じ場所に通うとマンネリ化しがちなので、今年は通常のマクロレンズに加えて、Carl Zeiss Planar 85mm F1.4 MMJ と LENSBABY Velvet 85mm F1.8を持って行き、描写の違いを楽しみました。撮影日は2024年2月27日です。

この記事にジャンプ
No.294 / 2024年3月9日

御手洗の日の出 2024 その2

前回上梓した御手洗での天の川撮影の後、そのまま日の出撮影に移行しました。雲一つ無い朝、綺麗なオレンジ色の情景に出会えました。撮影日は2024年2月13日です。

この記事にジャンプ
No.293 / 2024年3月5日

2024年初の天の川@御手洗

2024年初の天の川を、呉市豊町の御手洗で撮影しました。この季節は薄明が始まる直前に東の空に天の川が昇ってきます。構図の自由度が無い場所なので、時間経過で2枚のみ掲載しました。撮影日は2024年2月13日です。

この記事にジャンプ
No.292 / 2024年3月1日

ロウバイ 2024 その2

記事No.288で本サイト初のロウバイの写真を上梓しましたが、その後知人が某所にロウバイの林を発見してくれまして、その報を受けて喜び勇んで撮影に出掛けてきました。雲一つ無い青空の、夕方の斜光線が降り注ぐ中で満開のロウバイが出迎えてくれて、陽が陰るまで撮影を楽しみました。撮影日は2024年2月13日です。

この記事にジャンプ
No.291 / 2024年2月26日